賃貸の鍵交換は必要?~交換の必要性と方法についてプロが解説

  • 交換
  • アパート・マンション

アパートやマンションなど賃貸物件への引っ越し。
「鍵を新品に交換するかどうか」で悩んでいませんか?
賃貸は住人の入れ替わりが多く、前の居住者と同じ鍵では色々不安が残りますよね。
今回は賃貸への引っ越しが決まっている人に、鍵交換の必要性の有無や交換方法、費用相場などを紹介します。

1. 賃貸の鍵交換は必須?

賃貸で鍵を交換する理由はいくつかあります。
多くの住人が使い回したことによる劣化のリセットや、前の住人の鍵を使えなくする防犯上のメリットです。
もしも入居時に選択を求められた場合は、交換することをお勧めします。

鍵交換のメリット

・鍵交換は防犯面で効果抜群

賃貸物件を退去する際、部屋で使っていた鍵は管理者に返さないといけません。
ですが、退去者が作る合鍵までは管理会社が把握しきれず、未返却のままになっていることもよくあります。
入居時に鍵を交換しないことは、「前の住人の鍵で侵入される危険」を残すことと同じです。
そのため鍵の交換は、誰にとっても防犯面で大きなメリットになります。

・使い回しによる劣化のリセット

新築物件以外の鍵は、交換されていなければ中古品と同じ状態。
外からは充分使えるように見えても、内部部品が摩耗・破損しているかも知れません。
新品鍵に交換しておけば、故障トラブルで入れなくなる・施錠出来なくなるリスクを減らせます。
さらには、重大な破損が起きた場合の修理費用の節約にもなるのです。

・交換費用よりも後々のトラブルのほうが高くつく

交換費用を節約したい一心で、そのまま使おうとする人も多くいます。
ですが、故障トラブルや侵入被害に遭った場合、修理費用や被害金額のほうが高くつくことを考えてみてください。
よほど高性能な鍵でなければ、交換費用はそれほど高くなりません。
「先の安心を買うための一時投資」と割り切るのが得策です。

2. 鍵交換をしない場合のトラブル事例

鍵を交換せずに使い続けると、時に思わぬトラブルを招くことがあります。
実際にあった事例を元に、交換しない場合のデメリットを見ていきましょう。

侵入

・前の住人の鍵で侵入された

賃貸に多い侵入犯罪のケースで、「前に住んでいた住人の鍵で侵入された」というのがあります。
退去する時に鍵を返却しなかったり合鍵を作っていた人が、現在入居者がいる部屋に忍び込むわけです。
被害は金品の盗難だけに留まらず、部屋に置いていた車のキーで乗用車を盗まれた事例もあります。
鍵交換の費用と盗難被害の損失では、どちらが痛い出費になるかはすぐに想像できるでしょう。
金銭的な損失以外にも、生活上の不安や恐怖を植え付けられる怖さもあります。

・管理会社に無断侵入された

賃貸物件では、入居者の安全確認のために管理会社が合鍵を持っていることがあります。
ですが中には、信頼関係を考慮して合鍵を持たないところもあります。
賃貸で発生する侵入犯罪の中には、管理会社の社員による窃盗・わいせつ事例も見られます。
たとえ入居者だけに鍵を持たせる場合でも、悪意ある関係者が合鍵を作るのは難しくありません。
新品以外の使い古しの鍵は、「他の誰かが鍵を持っている可能性」を忘れてはいけません。
賃貸に入居する際は、管理会社で合鍵を持っているかどうかを事前に確認しておきましょう。

経年劣化・破損

・使用状態による劣化や破損

管理会社で、業務の一環として物件の鍵を交換するところもあります。
ですが経費削減の目的から、新品交換ではなく既存鍵の使い回しが一般的。
同じ建物で部屋同士の鍵を入れ替える、他の管理物件の鍵と付け替えるなどです。
そのため基本的に、「賃貸の鍵は中古品」だと思っておいてください。
前の居住者が乱暴に扱ったかも知れませんし、掃除や潤滑剤などのメンテナンスをしていないかも知れません。
分解して中を見ないと正確な状態はわかりませんから、使用歴のある中古鍵は要注意です。

・経年劣化による破損

鍵の内部は、いくつもの精密部品が複雑に組み合わさっています。
使用年数が古いほど金属疲労が進み、見えないところで部品が折れたり曲がったりの症状が出てくるものです。
また、鍵穴からゴミやホコリが侵入しやすく、「見た目は綺麗なのに中はゴミがびっしり!」という光景もよく見ます。
古くなった鍵を交換しないまま使っていると、ある日突然壊れて動かなくなる可能性があるのです。
「金属だから頑丈なはず」といった思い込みは捨てて、精密部品であることを意識しないといけません。

3. 必ず確認!鍵交換されているか確かめる方法

新しく部屋を借りる時は、「その部屋の鍵が交換されているかどうか」を知っておくことが重要です。
交換の有無を確認する方法を見ていきましょう。

問い合わせによる確認

・仲介会社や不動産会社で聞く

一部の賃貸物件では、新しい住人が来る前に新品鍵に交換しておいてくれるところもあります。
不動産会社や仲介会社で、契約する部屋の鍵が交換されているかどうかを確認しましょう。
その場ですぐにわからない場合は、管理会社に問い合わせてくれるでしょう。
なお賃貸の契約時、敷金や礼金などと一緒に「鍵交換費用」が含まれていることがあります。
中には費用だけ取っておいて実際には交換しないケースもありますから、借り主の当然の権利としてしっかり確認しましょう。

・管理会社に直接問い合わせる

担当者に聞く以外では、管理会社に直接問い合わせてみる方法もあります。
管理会社で行う鍵交換には、「建物内の部屋の鍵を入れ換える」「備品で保管している鍵を使う」など様々な方法があります。
入居予定の物件で鍵の交換はされているのか、されている場合はどんな方法なのかを聞いておくといいでしょう。
新品以外の鍵は、見知らぬ誰かが合鍵を持っている危険があります。

目視による確認

・サビが付いていないかどうか

内覧などで部屋を訪れた際は、玄関ドアの鍵をじっくり見ておきましょう。
外に面して露出しているドアは、風雨にさらされることでサビ付きやすくなっています。
鍵やノブの周辺、またはドアの金属部品にサビがあったら、鍵の内部もサビ付いている可能性が高いです。

・鍵穴周辺の傷を見る

使用年数が多い鍵は、キーを鍵穴に差し込むときの細かい傷が付いています。
鍵穴はとても小さく、一発で刺せるケースはそれほど多くありません。
表面を擦るように滑り込ませることが多いので、どうしても鍵穴周りに傷が付いてしまいます。

4. 勝手な交換はNG!交換前には必ず管理会社に相談を

鍵の交換はやっておくのがお勧めですが、賃貸物件ではちょっとした注意が必要です。
なぜなら、管理者への相談なしに交換するとトラブルを招く危険があるからです。
賃貸で鍵を交換する際の注意点を説明します。

鍵も貸主の所有物

賃貸で貸し出される部屋は、入居者が自分で持ち込んだもの以外は「貸主の所有物」。
建物部分だけではなく、トイレや流し台、ドア鍵などの設備も例外ではありません。
そのため貸主に無断で鍵を交換してしまうと、後で契約違反に問われるおそれがあります。
鍵を交換する前に、必ず管路会社または大家に相談してください。

鍵を交換する場合の費用負担

鍵を交換することになった場合、まず気になるのは「費用は誰の負担になるのか?」ですよね。
鍵交換の費用負担は、交換理由によって貸主側か借主側かが変わります。

・貸主が負担してくれるケース

通常の使用で経年劣化した鍵の交換は、物件管理の業務上必要な措置です。
入居者側に過失がなければ、貸主側の負担で鍵を交換してもらえます。
部屋の内覧に行った時は、鍵がちゃんと動くかどうかも忘れずに確認しておきましょう。

・借主が負担しなければいけないケース

国土交通省が定める「現状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、借主に過失がない経年劣化などの鍵交換は、物件管理の一環として貸主が費用負担すべきとされています。
ただガイドラインはあくまでも見解に過ぎず、法的な強制力まではありません。
そのため多くの賃貸物件では、入居者に交換費用を求めるのが一般的です。
入居時から劣化や破損があった場合を除き、基本的には借主側が交換費用を負担する必要があります。

契約前に「鍵交換の可否・費用負担」の確認を

いったん部屋を契約してしまうと、後から問題に気付いても手遅れになることが多いです。
契約を決める前に必ず、鍵を交換は可能かどうか、費用負担はどうなるのかを確認しておきましょう。
管理会社によって契約時の取り決めが異なるため、交換の可否や費用負担の割合が変わる場合もあります。
ガイドラインを根拠に会社側の費用負担を求めたい場合など、不動産会社や仲介会社の担当者に相談してみるといいでしょう。

5. DIYor業者に依頼、どっちがいいの?

鍵交換の許可を得たら、次はどの方法で交換するかを決めなくてはいけません。
部品を買って鍵を自力で交換するDIYか、鍵屋に交換を依頼するかの二択です。
それぞれのメリットとデメリットを説明します。

自力交換のメリット

・交換費用を抑えられる

DIYの一番の魅力は、何と言っても費用を安く上げられること。
必要な部品と工具さえあればいいので、最小限の出費で済みます。

・覚えた知識を暮らしに活かせる

日常的に使われる鍵の交換経験は、自宅でも知人宅でもトラブル解消に役立ちます。
鍵の交換は手順を覚えるのが大変な場合もあり、苦労して身に付けた知識を生活環境の改善に活かせるわけです。

自力交換のデメリット

・作業ミスが起こりやすい

鍵の交換は、手順さえ知っていれば意外と簡単にできるものです。
電気を使う特殊鍵は別ですが、DIY用に売られている鍵部品はシンプルなものも多いです。
ただしいくら簡単といっても、内部の仕組みは精密部品。
取り付け位置や向きを1箇所間違えるだけで、正常に動かなくなるトラブルを招きます。
手先が器用でない人や交換・修理に不慣れな人は、作業ミスの確率が高くなることに気を付けてください。

・鍵部品、ドア部分を損傷させるリスク

鍵の交換でよくあるミスに、「鍵部品やドア部分に傷を付けてしまう」事例があります。
作業中に鍵をうっかり落としたりぶつけたりし、損傷させてしまうようなミスは致命的です。
内部部品はとても細かく精密にできているので、うっかりミスで破損するリスクがあることを覚えておいてください。
また、鍵が収まるドア部分を傷付けると、新しい鍵が上手く付かない、元の鍵に戻せないなどの原因になります。
プロの鍵屋は絶対にやらないミスですが、DIYに不慣れな人は要注意です。

鍵屋に依頼するメリット

・正確で確実な作業

プロの看板を掲げる鍵屋は、鍵に関する正確な知識と技術を持っています。
正しく取り付けられるだけではなく、作業中に鍵本体やドアを傷付けない配慮もできます。
鍵の交換作業のミスは、動作不良による不便さや防犯面の隙を作る要因です。
快適で安心な暮らしを確保できる信頼性が、プロの鍵屋に交換を依頼する一番のメリットになります。

・最適な鍵を選択できる

「家の鍵」と一口に言っても、膨大な種類の製品が世の中には出回っています。
シリンダー錠やディンプル錠などのタイプ違いから、国内・海外のメーカーの違いまで。
その家に付けるべき鍵の選択は、知識がない一般の人には難しいでしょう。
希望予算やドアのタイプ、普段の鍵の使い方など、条件に合う最適な鍵を選べるのがプロの鍵屋の強みです。
せっかく自費で交換するのですから、出費に見合うだけのリターンが欲しいところですよね。
自力交換よりも多少費用はかかりますが、プロの知識と確実性で充分に元が取れます。

鍵屋に依頼するデメリット

・自力よりも若干費用がかかる

自力で鍵交換する場合、かかる費用は部品と工具の原価だけです。
プロの鍵屋に依頼すると、「技術料・作業料」といった名目の費用が発生します。
また、日中or早朝深夜の出動料金もかかります。

・悪質業者に引っかかるリスク

「よくわからない名目の請求がある…」
「事前説明のない後出し料金を請求された…」
悪質業者の手口は様々ですが、信頼できる業者を選べなければお金をドブに捨てるのと同じです。
鍵トラブルで困っているお客様は、「とにかく急いで解決したい」一心から焦って依頼してしまうケースが多いです。
優良な鍵屋の基準がわからない方は、まず当社にご相談ください。

当社にご依頼いただく3つのメリット

・メリット1 最短かけつけ15分のスピード対応

鍵のかけつけ本舗の対応エリアは、東京・千葉・埼玉・神奈川の4都県。
エリア内に約40箇所の出動拠点を確保し、お電話いただいてから最短15分で現場に急行します。
玄関ドアの鍵トラブルでは、「鍵が壊れて家に入れない」ケースが多いものです。
一刻も早くお客様のご不安を解消するためにも、スピーディーな現場急行は鍵屋にとって欠かせません。

・メリット2 安心・明瞭な料金システム

当社では、事前にお客様のご承諾がない料金請求はありません。
電話相談時の見積りに加え、現地確認で最終料金を確定。
お支払総額に同意をいただいてから、作業に着手しています。
料金の内訳もわかりやすく示し、安心・明瞭のお支払いを徹底させていただきます。
また当社では、電話受付から現場作業まで、ほとんどの業務を自社で一貫して行います。
外注費用がかからないぶん、ご納得いただける料金設定に反映させています。

・メリット3 業界トップレベルの知識と技術

鍵のかけつけ本舗では、どこにも負けないハイレベルな知識と技術を日々追求。
本社敷地内に研修用施設を作り、全社員の知識と技術を磨ける環境を整えています。
また、どんな種類の鍵にも対応可能な最新の機材を多数用意。
難しい鍵や珍しい鍵も壊さず開けられるよう、万全の態勢でご相談をお待ちしています。

6. 交換するにはいくらかかるの?費用感を比較

自力で交換する場合と鍵屋に依頼する場合では、かかる費用が変わってきます。
それぞれいくらかかるのか、費用の目安を紹介します。

共通費用・部品代

・ピンシリンダー・ディスクシリンダー⇒10,000円~15,000円

ギザギザの鍵山がある一般的な形状の鍵は、内部のロック構造にピンまたはディスク型の障害物が使われています。
部品代は比較的安いですが、ディンプル錠などと比べて耐ピッキング性能も低くなります。
費用目安は、10,000円~15,000円あたりです。

・ディンプルシリンダー⇒10,000円~30,000円

ギザギザがなく小さな穴がポコポコ開いているキーは、ディンプルシリンダーと呼ばれる鍵です。
ピンシリンダーやディスクシリンダーと比べて、耐ピッキング性能が大幅に向上。
性能の良さに比例して、費用も少し高くなります。
安いものは10,000円ほどですが、高いものでは20,000円~30,000円前後が相場です。

鍵屋に依頼する場合の費用

鍵屋に交換を依頼する場合は、部品代に加えて「出動料金・作業料金」が上乗せされます。
当社の料金設定を参考に、鍵屋の料金の目安を紹介します。

・基本出動料金

8:00~20:59の出動作業は、8,000円。
21:00~翌朝7:59の出動作業は、13,000円の基本料金をいただきます。
なお基本出動料金には、15分程度の軽作業が含まれます。

・作業料金

住宅鍵の交換作業料金は、以下の通りです。

◇シリンダー・玉座・シャッター錠
2,000円+材料費
⇒鍵穴がある円筒部品や、鍵の根元の台座、シャッター扉の簡易錠です。
◇簡易錠・簡易金物
2,000円+材料費
⇒簡単な金具で開け閉めするだけの鍵です。
◇引違戸錠・引戸錠
7,000円+材料費
⇒横にスライドさせて開けるタイプの、障子のようなドアの鍵です。
◇ドアクローザー
7,000円+材料費
⇒ドアが閉まる速度を制御する調整器具です。
◇面付錠
12,000円+材料費
⇒マンションなど集合住宅に多い、箱型の本体が露出している鍵です。
◇錠前一式
15,000円+材料費
⇒ロック部品と手持ちのキーを合わせたフルセットです。

・当社の交換料金は、税抜き総額13,000円~

当社で賃貸の鍵の交換をする場合の料金は、一般的なタイプの鍵なら「総額で13,000円から」が目安になります。
カードキーや指紋認証キーなど電動式の特殊鍵、またはセキュリティ性が極めて高い特殊鍵をご希望の場合は、材料費が変わりますのでご相談ください。
上部メニューの「料金一覧⇒詳しい料金はこちらから」も、あわせてご覧ください。

賃貸の鍵交換について・まとめ

お金を払って借りる部屋は、どうしても「借りている間は自分のもの」と考えがち。
ですが、建物の共用部分・専有部分に関わらず、法律上はあくまで貸主の所有物なのです。
自身の暮らしに関わるトラブルであっても、賃貸設備に変更を加える場合は必ず管理者に相談してください。
また玄関のドアは、「不審者から家と私財を守るための最前線」です。
出費を理由に交換をためらっていると、後でもっと余計な出費のタネになるかも知れません。
安全をお金で買うのか?
安全と引き換えに一時の出費を削るべきか?
慎重に正しく判断できるよう、ぜひ当社ホームページで正しい知識を身に付けておいてください。

当社サイト・記事監修スタッフのご紹介

鍵は暮らしの安全を守る盾。
どんなに小さなトラブルでも、お客様の不便や不安を積もらせるストレスのタネになります。
当サイトのコラムは、百戦錬磨の熟練スタッフが全記事を監修。
鍵の知識がない方にもわかりやすい文章で、ページを開けばすぐに使えるアドバイスだけを厳選してお届けします。
咄嗟のトラブル解決法から、長く役立つ防犯のノウハウまで。
当サイトのコラムを読まれる5分~10分の時間が、お客様の5年~10年分の安全につながることを願っています。

【当社サイトのコンセプト】
鍵屋というのは、一般の方には少々親しみにくい業種です。
セキュリティに関わる特殊な技術、根拠がわかりにくい料金設定や追加請求……
情報提供も料金のご案内も、不透明で不明瞭な部分がいまだに多く残っています。
当社のサイトでは、お客様の端末の画面を通して
 ◇今その場で欲しい情報をもれなく提供
 ◇気になる依頼料金をもれなくご案内
させていただくことを目指しています。
サイトの情報が何かのお役に立ちましたら、ぜひお電話でのご相談をご検討ください。

【記事監修者】
島田 宏幸(しまだ ひろゆき)
1964年生まれ。富山県出身。主任錠前技術者。
「鍵のかけつけ本舗」の創業時より当社に在籍。
これまで警察の捜査に伴う開錠や、金融機関における業務用金庫の開錠など、数多くの鍵トラブルを解決してきた。
今も現役として現場作業に携わるほか、教育担当として後輩社員の技術指導や育成も担う。
趣味は釣り、料理。