今すぐ解決!スマートキーを紛失した時の対処方法

  • なくした
  • 車・トラック

車のドアの開閉やエンジン始動をスムーズに行える、今や主流のスマートキー。
いちいち取り出す必要がなく、比較的に紛失しにくい鍵なのですが、まさかの事態はいつ誰にでも起こるものです。
もしもスマートキーを紛失した場合はどう対処すればいいのか、すぐに役立つ解決方法をお届けします。

1. 解決までの3ステップ

鍵の紛失時にやるべきことは、ほとんどのケースで共通しています。
スマートキーに限らずどの鍵をなくした時も、次の3ステップを頭に入れて、順序良く解決に向かいましょう。

ステップ1・身の周りをくまなく探す

なくし物を探す時、焦る気持ちが先立ってしまい充分に探し切れないことがあります。
落ち着いて身近な場所から念入りに探し、鍵のありそうな場所を消去法で絞り込んでいきましょう。

ステップ2・警察に届け出を出す

探し物が自力で見つからなかった場合、もっとも頼れる相談先は警察です。
全国規模の組織力とデータベースで、発見率を飛躍的に高めてくれます。

ステップ3・必要な連絡先に相談・依頼する

警察への届け出が済んだら、ディーラーや鍵屋など必要な業者に連絡しましょう。
自力解決にこだわり過ぎると、いたずらに状況を長引かせてしまいます。
ためらわずにプロの力を借りるのが解決への早道です。

2. スマートキーってどんな鍵?キーレス・リモコンキーとの違い

車の操作を遠隔通信で行う車種が増えています。
「スマートキー」「キーレスエントリー」などと呼ばれますが、一見同じように見えて
も違う鍵なのをご存知でしょうか?
スマートキーとはどんな鍵か、キーレスエントリーやリモコンキーとどう違うのかを解説します。
なお本記事はスマートキーに若干比重が置かれていますが、どのタイプの鍵紛失でも使える内容です。
鍵をなくしてお困りの全ての方に役立ちます。

スマートキーとは

・スマートキーの特徴

ポケットやバッグにキーを入れたまま、ドアロックの開閉・エンジン始動を行えるのがスマートキーの特徴です。
ドアロック開閉は車種によって方法が異なり、
◇キーリモコンのボタン操作
◇キーを持ったまま車に近づく・離れる
2通りのタイプがあります。
スマートキーの最大の特徴は、エンジンの始動方法です。
キーが車内にある状態で、ブレーキペダルを踏みながらハンドル付近の始動ボタンを押すだけ。
車体側でキーの登録情報を自動的に読み取り、鍵穴操作を不要にしています。

・キーレスエントリー・リモコンキーとの違い

キーレスエントリーやリモコンキーと呼ばれるものは、ドアロックの開閉だけをリモコン操作でするタイプです。
車体に触れずにドアロックを操作できますが、エンジン始動は鍵穴にキーを刺して回す従来方式。
エンジンでギザギザ鍵を使うところが、スマートキーとの違いです。

3. もれなくチェック!鍵紛失時に見つかりやすい場所リスト

鍵紛失でご相談いただくお客様の中には、なくした鍵を後で発見できた方もいます。
そして鍵が見つかる場所のトップは、焦っている時ほど盲点になりやすい身近な場所です。
どこを探せば高確率で鍵を見つけられるのか、見落としなく探すためにはどこをチェックすればいいのか、詳しく見ていきましょう。

身の周り

・着衣

なくした物が見つかりやすい場所のトップは、意外にも着衣の中。
「灯台下暗し」のことわざ通り、身近な場所ほど盲点になりやすいです。
深いポケットの奥のほうに入り込む、あるいは他の物に紛れていたなど、一度目では探しきれないことがよくあります。
また、何かの拍子に着衣の隙間に入り込んでいることもあります。
重ね着の隙間や、入れたつもりのないポケットも念入りに探してみましょう。
装飾が多いデザインの衣服は、落とした鍵がどこかに引っかかったり、隙間に入り込むケースが多いです。
その場で小さくジャンプして、鍵が落ちてこないか試す方法もおすすめです。
コートなど厚手の上着を着ている場合、外から手探りするだけでは感触がわかりません。
いったん脱いでポケットをくまなく探し、その場で軽くゆすってみるなど入念にチェックしましょう。

・バッグやポーチの中

物がたくさん入っている、あるいはポケットが多いバッグやポーチは、収納物をすぐに見つけられないことがあります。
車の鍵は金属部品やリモコン部分が重いので、下のほうに潜り込みやすいです。
いったん中身を全部出し、収納スペースもくまなく探して見落としをなくしましょう。

自宅

・引き出しや小物入れなどの収納スペース

鍵を所持しているはずの場所で見つからなければ、自宅内を引き続き探してみましょう。
引き出しの中や小物入れで、雑貨の陰に紛れていることもあります。
また、収納場所にしまったつもりが、うっかりどこかに落としているケースもあります。

・インテリアの隙間

タンスやソファーなど、インテリアの隙間に落ちているかも知れません。
ただ置いていたりぶら下げていたりするだけの鍵保管は、何かの拍子にぶつかって落ちることがよくあります。
ソファーでは床との隙間以外にも、座面と背もたれの隙間、座面とひじ掛けの隙間が探しどころです。

・同居家族や同居人

自宅で一緒に住む人がいたら、鍵らしき落し物がなかったかどうか聞いてみましょう。
同居人の持ち物を見かけても、本人に伝え忘れてそのまま放置しやすいものです。

屋外

・駐車場までのルート

自宅敷地内に駐車スペースがない場合は、車から自宅までのルートも探します。
交通量が多い道路では、事故に巻き込まれないよう充分注意して探しましょう。
ただし路上で鍵を落とした可能性がある場合は、早めに警察に届け出るのが安全です。
警察庁のホームページでも、人気のない場所での落し物は早めに警察へ届け出るよう推奨しています。

警察庁 遺失届情報サイト
https://www.npa.go.jp/bureau/soumu/ishitsubutsu/otoshimono/lost-road.html

・車の中・車体の周辺

車の中に置き忘れているインキーや、乗降時に車体の下に落としている可能性もあります。
スマートキーの多くは、鍵の置き忘れを検知するとアラームなどで知らせる機能が付いています。
ですが、キー側の電池が切れかけて電波が弱まる、または付近で電波干渉がある場合などは誤作動しやすいので要注意。
シートの陰や隙間、足元のスペースを、窓から見える範囲で確認しましょう。
乗り降りする時の姿勢変化で、ポケットの鍵が落ちた可能性もあります。
車体の下や周辺もよく探し、見落としを防ぎましょう。

・利用施設や店舗

どこかの店や施設に立ち寄っていたら、店員やスタッフに鍵の落し物がないかどうか聞いてみましょう。
トイレで落とし物をするケースもあるので、個室内や手洗い場所もチェックしましょう。

交通機関

・バス、電車、タクシー会社

車を持っている人でも、一時的に交通機関を利用することはあります。
飲酒時や車両故障など、車を使えない事情がある場合です。
利用した鉄道会社やバス会社、タクシー会社に、鍵の落し物の有無を聞いてみましょう。

警察

着衣や自宅内に次いで鍵が見つかりやすい場所は、最寄りの交番や警察署です。
鍵の紛失をまず知らせ、拾得物として届けられているか確認しましょう。
まだ届いていなければ、遺失物届を出すことになります。
警察の情報網は全国で繋がっていますので、どこで拾われた落とし物の情報も、最寄りの交番や警察署ですぐに確認できます。

・都内だけで年間約450万点の拾得物

令和元年に警視庁で受理された拾得物の届け出は、現金以外の物品で約450万点もあります。
そのうち持ち主に返還された数は、およそ132万点。
落し物が警察で見つかる可能性は、決して少なくありません。
早期解決を図るためにも、早めに届け出ておくことが肝心です。

4. どうしても見つからない場合の対処法

自力捜索または警察ですぐに見つからない場合、関係業者に対応を依頼することになります。
必要な連絡先はケースによって異なりますので、今の状況に合わせて連絡先を決めましょう。

自宅にいて鍵紛失に気付いた場合

・鍵屋

多くの鍵屋は、スマートキーの開錠や合鍵作成もできます。
ただしイモビライザー搭載型は、専用機材が必要になるため対応できない鍵屋も出てきます。
鍵のかけつけ本舗では、イモビライザー搭載型でも問題なく対応可能です。
また、車内に鍵を置き忘れたインキーは、ドアロックさえ開けられれば即解決。
プロの鍵屋に依頼するのがもっとも早い手段になります。

・ディーラー

自動車ディーラ-は顧客のデータを持っているので、鍵のトラブル時にも素早く正確なサポートが得られます。
またディーラーは、自社製品の仕組みや対処方法を熟知しているのが強みです。
そのため鍵屋に依頼するより、費用が安く済む場合があります。
なおディーラーでの鍵作成は、通常数日~1週間程度の日数がかかります。

出先で鍵を紛失した場合

・ロードサービス

車が自宅の保管場所にない場合は、ロードサービスに車両の移動を依頼しましょう。
路上では駐車違反切符を切られるおそれがあり、施設や会社の駐車場でも長時間の車両放置は迷惑になるからです。
また、出先から自宅の保管場所に車両を戻しておくことで、イタズラや盗難の被害を防ぐことにもつながります。

借りている車の場合

・レンタカー

レンタカーの鍵を紛失した場合は、レンタカー会社にすぐ連絡してください。
借りた店舗が近くにあれば直接出向き、行けない場合は電話で鍵紛失を伝えましょう。
お金を払って借りる車も、所有権は貸し主側にあります。
会社に無断で自力対応してしまうと後々トラブルになりますので、真っ先に車を借りたレンタカー会社へ連絡しましょう。

・カーシェアリング

カーシェアリングの車両も、借り物である以上はレンタカーと変わりません。
車の持ち主の個人オーナー、オーナー会社にまず連絡しましょう。

とにかく急いで鍵を開けたい場合は鍵屋へ

緊急の用事などで早く鍵を開けたい、車を使いたいといった場合は、鍵屋に開錠を依頼するのが解決の近道です。
必要機材を揃えている鍵屋なら、その場で合鍵の作成もできます。

・まずは当社にご相談ください

鍵のかけつけ本舗では、東京・千葉・埼玉・神奈川に約40箇所の出動拠点を設置。
お電話から最短15分で現場に急行可能です。
業界トップクラスの機材と技術で、イモビライザー搭載型のスマートキーでも問題なく対応できます。
明瞭・安心の料金システムもご好評をいただいており、作業前の現場確認で最終お支払総額を確定。
事前にご了承いただけない追加料金の請求などは、一切ありません!

5. メーカー別・鍵紛失時の対処法

スマートキーなどの電子キーは、自動車メーカーごとに緊急用の機能やサポート体制が異なります。
ギザギザ鍵を使う単純な物理鍵とは事情が異なり、各社工夫を凝らして最新技術やサービス仕様を詰め込んでくるからです。
本項では、おもなメーカーの鍵紛失時の対処法を紹介します。

トヨタ自動車

購入店舗またはトヨタ販売店で、鍵の作成を依頼できます。
購入店舗以外の場合は、車種によって「トヨタネッツ」「トヨタカローラ」と店舗系列が異なりますので、自分の車の取扱い店舗を選びましょう。

・内臓メカニカルキーで緊急開錠、エンジン始動可能

トヨタのスマートキーには、緊急時用のメカニカルキーが内蔵されています。
鍵が見つかった時に電池切れを起こしていても、内蔵キーでドアの開閉が可能です。
エンジンの始動も、以下の手順でできます。
①スマートキー本体のトヨタマークのある面でエンジンスイッチに触れる
②インジケーターが緑色に点灯したのを確認する
③ブレーキペダルを強く踏みながらエンジンスイッチを押す

日産自動車

日産のスマートキーも、トヨタと同じくメカニカルキーが内蔵されています。
そのため電池切れの際も、内蔵キーによる緊急開錠が可能です。

・日産車の電池切れ時のエンジン始動方法

日産のスマートキー電池切れ時のエンジン始動は、以下の手順で行います。
①セレクトレバーをPの位置に合わせ、ブレーキペダルを踏む
②スマートキー本地の裏面をエンジンスイッチに触れさせる
③ブザーが鳴ってから10秒以内に、ブレーキを踏んだままエンジンスイッチを押す

緊急時用の内蔵キーは各メーカーで標準搭載

上記のメーカー以外でも、スマートキー採用車は電池切れに備えて内蔵キーが搭載されています。
本体の端のあたりに収納されているので、いざという時に備えて普段から使い方を確認しておきましょう。

6. スマートキーの作成にかかる費用はいくら?

スマートキーの作成は、ディーラー・鍵屋で変わります。
どうせなら安いに越したことはありませんが、ディーラーの純正キーはやはり安心感が上回り、一概にどちらがいいとは言えません。
スマートキーの作成にかかる費用の目安を示しますので、依頼時の判断材料にしてください。

イモビライザーの有無で作成費用は大きく変わる

スマートキーの作成費用の目安は、イモビライザーなしでおおよそ50,000円前後。
イモビライザー搭載型では、100,000円近くかかることもあります。
スマートキーはギザギザの金属鍵とは違い、電子部品を使う特殊なタイプの鍵。
さらに多くの車種では、安全装置のイモビライザーも一緒に内蔵されています。
イモビライザーの作成には特殊な機材が必要なため、搭載型スマートキーの作成費用も相応に高くなります。
また電子タイプの特殊鍵は、車ごとに専用の設定がされています。
そのため、車種や国産・外車などの違いでも、作業費用は変動します。

・鍵のかけつけ本舗で作成する場合の費用

当社でスマートキーを作成する場合の費用は、
◇基本料金       
8,000円or13,000円

◇国産車
42,000円
◇外国車 
72,000円

◇イモビライザー付き
お車に合わせて別途見積り

上記のようになっています。
お電話の際の見積りに加え、到着時の現地確認で最終費用を確定させます。
費用が曖昧なまま作業に着手したり、根拠が不明な事後請求などは絶対にいたしません。

スマートキーを二度と紛失しないために!おすすめの予防法

今回の対処法で無事解決に至っても、今後再び同じトラブルを繰り返しては勿体ないですよね。
スマートキーの紛失を防ぐための効果的な予防法も、最後に確認しておきましょう。

ちょっとした工夫で出来る予防法

・鍵の置き場所を決めておく

車の鍵で家の鍵でも、普段の保管場所を頻繁に変えていると紛失しやすいものです。
引き出しや小物入れなど露出しない場所に保管し、一度決めた保管場所はなるべく変えずに固定するのが一番の予防策です。
棚やサイドボードなどに露出する形で置いていると、引っ掛けて落としたり、邪魔になった時に移動されてしまいます。

・使わない時はポケットやバッグなどに入れておく

鍵の紛失原因で多いのが、ちょっとどこかに仮置きしてそのまま行方不明になるケース。
誰かが忘れ物と勘違いして持ち去る、うっかり引っかけて落とされるなどの事例があります。
悪意ある第三者に盗まれる可能性もあり、車両を特定された場合は車ごと盗まれることを忘れてはいけません。
取り出して使う時以外はポケットやバッグに入れておき、肌身離さず身に付けるようにしましょう。

ちょっとしたグッズでできる予防法

・キーチェーンでつないでおく

鍵のタイプを問わず有効な方法が、キーチェーンを使って着衣やバッグに繋げること。
留め具のタイプは、取り外しに強い力がいるものや、ネジを回して脱着するなど多少手間がかかるものがお勧めです。
これはスリ被害を防止でき、ふとしたはずみで簡単に外れることも防げます。

・紛失防止タグを付ける

紛失防止用のタグは、鍵の紛失を防ぐのにもっとも強力な手段です。
キーホルダー形状の電子タグで、スマホと連動して距離を感知。
持ち主から一定距離以上離れるとアラームを鳴らしたり、GPSで位置情報を表示させたりする機能があります。
鍵との距離が離れてからごく短時間で作動するので、持ち去られたり盗まれたりするリスクも最小限に抑えられます。

いざという時に慌てないための準備

・必要な連絡先をメモ・ブックマークしておく

もしも再び鍵をなくしてしまったら?
紛失以外の鍵トラブルが発生したら?
トラブルがあった車の状況に合わせて、すぐに関係先へ連絡が取れるよう連絡先をメモしておきましょう。
スマホやパソコンでホームページをブックマークしておくのも、スムーズな対処につながります。
購入ディーラーや、最寄りのメーカーの販売店。
ロードサービス業者に、鍵屋の連絡先も必要です。
レンタカーやカーシェアリングの場合は、レンタカー会社、車両のオーナー会社の連絡先をメモしておきましょう。

・鍵屋へのご相談は、ぜひ鍵のかけつけ本舗へ!

当社は首都圏4都県でサービスを展開し、お電話から現場到着まで最短15分のスピード対応。
明瞭・安心の料金システムに加え、業界最高クラスの機材と技術であらゆる鍵のお悩みを解消します。
このコラムが何かのお役に立った方は、ぜひ当社の連絡先もメモに加えていただけますようお願いいたします。
当ホームページのブックマークも、お忘れなく。

鍵のかけつけ本舗
0120-549-357

*LINE・Eメールでもご相談を受け付けます。
詳しくは当ホームページ内を御覧ください。

スマートキー紛失時の対処法・まとめ

スマートキーでもギザギザ鍵でも、鍵紛失は大切な財産の危機を招く重大トラブル。
まずは身近な場所を探し、警察や関係業者への連絡もためらわずに行いましょう。
借りている車の場合は、所有者への連絡を最優先に。
解決後も再び同じトラブルを起こさないよう、日頃の取り扱いや予防措置をしっかり確認しておきましょう。

当社サイト・記事監修スタッフのご紹介

当社のサイトでは、万が一の鍵トラブルでお困りの全ての方に、累計実績12万件のプロの知識をお届けしています。
鍵トラブルの解決を通して、お客様の暮らしに寄り添うためのサイトです。

【当社サイトのコンセプト】
一般の方に馴染みが薄く、技術や知識がマニアックな鍵屋。
特殊な分野の体質からか、不透明な部分がいまだに多く残されている業種でもあります。
当社のサイトは、お客様の端末の画面を通して
◇今その場で欲しい情報をもれなく提供
◇今だけでなく先々の安全と安心を届け
させていただくことを目指しています。
わかりにくい鍵サービスを、身近でわかりやすい生活サービスへ変えるために。
業界を知り尽くした鍵のプロが、徹底したお客様目線でご利用をお待ちしています。

【記事監修者】
島田 宏幸(しまだ ひろゆき)
1964年生まれ。富山県出身。主任錠前技術者。
「鍵のかけつけ本舗」の創業時より当社に在籍。
これまで警察の捜査に伴う開錠や、金融機関における業務用金庫の開錠など、数多くの鍵トラブルを解決してきた。
今も現役として現場作業に携わるほか、教育担当として後輩社員の技術指導や育成も担う。
趣味は釣り、料理。